語学を習得する為の留学先

語学を習得する為の留学先

語学を身につけようと、留学を考えている人は多いと感じています。
私はカナダに留学した経験があるので、特に若い人から色々な質問を受けます。
若い時、留学前というのは希望とやる気に満ちて、楽しいことしか考えられませんが、海外での生活はそう甘くはなくストレスがかかるものです。
その辺りの覚悟も必要であると思います。
まず英語留学を考えている人は、アメリカやイギリスといった物価の高い国へ長期で行こうとします。
ネイティブから学びたいというのと、情報が多いというのが一番の理由でしょうが、物価が日本並みかそれ以上かかりますから十分な貯蓄が必要です。
また学校や食べ物が合うとは限りません。毎日ジャンクフードばかりのホストファミリーだったらどうしますか?学校が思っていた内容と違っていたらどうしますか?そういった事にならないように、まず短期留学で下調べをするのも大切かと思います。
そこで自分の語学レベルを知り、次のステップである長期留学に必要なレベルの目安が付きます。
日本とはすべて勝手が違うのですから、いきなりの長期計画は無謀ではないかと感じます。
事実英語のレベルが低い為に、カナダでも同国同士の友達しかできずに引きこもっていた学生が沢山いました。
そうならない為にも、最低限の語学力は必要です。

選ぶ国ですが、何も英語圏だけとは限りません。東南アジアにも語学学校があり、各国から生徒が集い、ネイティブ講師が教えている学校は山ほどあります。
その魅力とはやはり価格面でしょう。
生活費はアメリカやイギリスの比ではありません、しかも日本から近いので飛行機チケットも格安で手に入ります。
食べ物も、米中心で美味しいですし、親日家が多いのもありがたい点です。
生徒にネイティブは居ないわけですからクラスの顔ぶれは、英語圏であろうがなかろうが同じではありませんか。だったら英語圏以外の語学学校も十分魅力的なのです。
留学といえば英語圏という考え方を、少し変えてみるのも良いと思います。